山と瓦礫と捜索犬
山の中、雪の中、瓦礫の中、鼻を使って人を探す犬がいます。 そんな「捜索犬」活動の一端と興味ある自然現象及びとっておきの写真などを紹介します。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
那須の雪崩事故 Ⅱ
那須の雪崩事故 Ⅱ 





報道された情報と国土地理院地図とGoogl Earthから推測できること…

那須の雪崩事故現場周辺図(1)

那須の雪崩事故現場周辺図(3)

 管理事務所から、スキー場の中を抜けて、樹林の混ざる斜面に入ったようです。





那須の雪崩事故現場周辺図(2)

 一夜のうちに大量の降雪があった山…  



 「 そこが樹林帯であっても、上部の山斜面に雪崩発生の危険がある場合 」

 それが今回の悲惨な事故につながった… 

 私はそう思っています。



 雪崩がいつ起きてもおかしくないような積雪斜面が、 訓練している上方にあるという…

 こういう状況を 事前に知り、感じていたら…


 「 こんな危険なエリアには入らない 」 という 判断がなされていたはずです。



 雪崩れに対する危機意識、 それ以前の正しい知識 (経験はほとんど役立たない)を備えていたら

 雪崩トランシーバー(ビーコン)やプローブなどを装備しないでの雪山安全訓練登山なんて…

 ありえません。



 危険な状況下、このような危険エリアに連れて行かれ、犠牲となった高校生



 あまりにも 可愛そうです!





訪問してくれた方
★こちらを クリック! お願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
スポンサーサイト
那須の雪崩事故
那須の雪崩事故 




 25日~26日、谷川岳で雪崩遭難、雪山遭難者の捜索犬訓練を行ってきました。

 25日は、晴天に恵まれましたが、 昨日は午前中から雪が舞う天気になりました。


 午後には山を離れ東京に向かいましたが、山では徐々に降雪が強まっていったようです。

 那須連山周辺での新雪もかなりの積雪となり

 今日の痛ましい雪崩事故につながったことは確かです。



 多量の新雪、この時期の気温(雪温としては高くなっていて新雪間の結合が早い)、

 大勢で参加していた雪山登山講習(ラッセル訓練を行っていたという)のときの隊列の組み方と斜面雪面の関係、

 雪崩に巻き込まれた人数の多さ等を考えると、

 面発生新雪表層雪崩だったのだろうと推察されます。


 雪と雪崩に対する知識は? 意識は?  どうだったのか?

 雪山登山で、しかも安全登山を目指す講習。


 当然、雪崩トランシーバー(ビーコン)は全員つけていた…?

 付けていなければならないが…


 プローブ、シャベルは装備していたのだろうか?

 そして それ以前の問題として、積雪の安定性は チェックされていたのだろうか?


 地形判断は?



 雪崩は、条件(積雪状態、地形、負荷等のキッカケ)さえ揃えば、必然的に発生するものです。



 安全登山講習会という ものであったのに…



 悲しく、 残念でなりません。






訪問してくれた方
★こちらを クリック! お願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
全国雪崩事故防止のための講習会(8) END
全国雪崩事故防止のための講習会 (8) 




 


捜索終了(1)

 さあ、帰りましょう







捜索終了(2)

 忘れ物ないように!










 下山する前に 記念撮影

講習会終了帰途へ(1)

 ほんとうは、 外で撮りたかったのですが ガスが多くてパッとしなかったので 室内です。







講習会終了帰途へ(2)

 ヒットと







 ロープウェイに乗って

講習会終了帰途へ(3)

講習会終了帰途へ(4)

 中で 得意の 甘え ゴロ~ン







 バスに乗り換えて



講習会終了帰途へ(5)
 



講習会終了帰途へ(6)

 癒し モデル犬



講習会終了帰途へ(7)










 帰りの車から


講習会終了帰途へ(9)

 雪の八ヶ岳 




 これより前に、 もっとよく見える 位置があるのですが…    取り損なった。




 上空に寒気が残っているので




 晴れてはいても、 全体に雲が多いです。




講習会終了帰途へ(8)

 おなじみ 富士の山







 早い時間帯だったので、 渋滞なしで帰れました (^o^)丿






全国雪崩事故防止のための講習会 END





訪問してくれた方
★こちらを クリック! お願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
 
全国雪崩事故防止のための講習会(4) 
全国雪崩事故防止のための講習会 (4) 




 
日の出の太陽に 暈! 



 強い寒気に覆われて 11日は一日中吹雪く悪天でしたが


 その後 寒気が一時的に緩まったようで、夜には 雲が切れて晴れてきました。



 そして 12日の朝は 待望の太陽が顔を出してくれました。



 すると 

2月12日の日の出暈(2)
 なんと 虹色に輝く 暈(カサ)が!



 南アルプスとこちら(中央アルプス)の間に 靄のような 雲が漂っていて、 そのお蔭のようです。


 暈は、下り坂の晴天のときに 巻雲ごしに見る太陽によく現れますが、このような低い高度で見られるのは珍しく


 幸運でした。


2月12日の日の出暈(3)


2月12日の日の出暈(4)
 虹模様になっているのが とても綺麗。


 本来、大気中の 氷晶(微細な氷の結晶でできた 雲の粒)に 太陽の光が 屈折、反射等してできる現象です。


 ということは、 漂っている モヤのような雲が 氷晶状態であることを 裏付けています。



 このとき、 2600m付近でも -15℃以下だったので 氷晶雲が漂っていたか、


 強い風に吹き飛ばされた中央アルプスの雪起源の微細粒子が 漂っていた…  といった推察ができます。





 それはさておき

2月12日の日の出暈(1)
 

2月12日の日の出暈(5)


 こんな珍しく 美しい現象を目にできて



 後光のような 写真も撮れて



 よかったね~! 




訪問してくれた方
★こちらを クリック! お願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
 
全国雪崩事故防止のための講習会(3) 
全国雪崩事故防止のための講習会 (3) 




コンパニオンレスキュー(03)

 行き倒れ!  …ではありませんよ。


 雪崩埋没役の ダミーです。




コンパニオンレスキュー(1)

 講習会場へ お連れします。




コンパニオンレスキュー(2)
 厳しい寒気で、 -18℃前後…   


 風に当たり続けると 凍傷をまねく 気温です。



コンパニオンレスキュー(3)

 雪崩トランシーバーを装着(発信)させて、 埋まってもらいます。



コンパニオンレスキュー(4)

 埋めます!




コンパニオンレスキュー(5)

 雪崩トランシーバで 発信と位置を確認。







 別の場所で


コンパニオンレスキュー(6)

 より深い埋没者設定







コンパニオンレスキュー(7)

 深いぞ









コンパニオンレスキュー(8)

 風と雪で 位階が悪い中…












コンパニオンレスキュー(9)

 プロービング






コンパニオンレスキュー(10)

 雪崩トランシーバーによる ファインサーチ




 最少表示ポイントを中心にして このあとスパイラル・プロービングを行います。







 プローブで ヒット(埋没者に当たる)したら


コンパニオンレスキュー(11)

 掘り出し (シャベリング)




 1月の 国際標準レスキューで 教わった




 効率的な シャベリングを 実施しました。



 


 




訪問してくれた方
★こちらを クリック! お願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.