山と瓦礫と捜索犬
山の中、雪の中、瓦礫の中、鼻を使って人を探す犬がいます。 そんな「捜索犬」活動の一端と興味ある自然現象及びとっておきの写真などを紹介します。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
夏至の太陽高度
夏至の太陽高度




 昨日、6月21日は夏至。


 夏至は、太陽公転面に対する地球の傾き(地軸)が太陽方向に一致するときで、北半球(正確には北回帰線以北)の太陽高度が最高になります。


夏至の太陽高度(東京付近)(1)
 地球の傾きは 23.4°。

 私の住んでいる場所(東京南部)は、北緯35°37′なので、南中時の太陽は上図のような感じで光を届けます。



 ということで


夏至の南中太陽高度(東京付近)
 単純計算では、南中時 約78°という高さに太陽が存在することになります。


 真上(90°)より 12°傾いているだけなので、感覚的には ほとんど真上に近い感じです。



 これら太陽高度の変化を、緯度、経度、日時時間をもとにきちんと計算で出した資料を見つけました。


 少し整理して、


夏至の太陽高度の変化(東京付近)
 夏至(6月21日)の日の出から南中~日の入りまでの太陽高度の様子(東京付近)です。

 12時よりも少し早い時間に最高度(南中)になっているのは、日本の12時が明石標準で、東京はそれより少し早く南中を迎えるからです。

 前記の単純計算の高度(77.8°)とほぼ一致しています。


 図にある、春分、秋分、冬至太陽高度や日の出、日の入りの様子をみると、あらためてその違い(差)を感じさせられます。



 明日から、太陽の動きは徐々に3ヶ月後の秋分(今年は9月22日)の線に向かっていきます。


 そして、約1.5ヶ月後の立秋(8月7日)は、夏至と秋分の中間です。
 


 とはいえ、太陽から降り注ぐ陽射しは今が最高潮。


 当然、紫外線も最高潮!



 用心、用心。





にほんブログ村 犬ブログへ
★クリックしていろいろ見てみてね!
にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
夏至の太陽高度  昨日、6月21日は夏至。 夏至は、太陽公転面に対する地球の傾き(地軸)が太陽方向に一致するときで、北半球(正確には北回帰線以北)の太陽高度が最高になります。  地球の傾きは 23.4°。  私の住んでいる場所(東京南部)は、北緯35°37′なの?...
2012/06/22(金) 21:59:31 | まとめwoネタ速neo
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.