FC2ブログ
山と瓦礫と捜索犬
山の中、雪の中、瓦礫の中、鼻を使って人を探す犬がいます。 そんな「捜索犬」活動の一端と興味ある自然現象及びとっておきの写真などを紹介します。
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
REDOG(スイス救助犬協会)リンダさんと7年ぶりの再会(10)

REDOG(スイス救助犬協会)リンダさんと7年ぶりの再会 (10)




 あらたに犬が反応(臭いを感じて)して、瓦礫左下の建物の中に入って行きました。

解体瓦礫で訓練(8) 
 しばし様子を伺い・・・


 このあと、ハンドラーも中へ入り、臭いを辿って廊下奥に行った犬の確認。


 その後、この犬は奥の一角に潜んだ被災者役(ヘルパー)を発見、咆哮。



解体瓦礫で訓練(9)
 作業を終えて、中から外へ出てきました。



解体瓦礫で訓練(10)
 メモをとりながら、犬とハンドラーの動きを見ています。



解体瓦礫で訓練(11)
 別の場所でも、臭いを感じて建物奥に隠れたヘルパーを発見。


解体瓦礫で訓練(12)
 最後は、上部からの臭いを気にする犬を上に行かせ…


 まもなく、連続咆哮! 

解体瓦礫で訓練(13)
 犬の様子が見れるところへハンドラーも


 発見した犬を褒めて、戻します。

解体瓦礫で訓練(14) 

 見た目悪そうでも、この程度の足場…


 犬も人も、不安なく こなしたいものです。



解体瓦礫で訓練(15) 


 お疲れ様でした!

 



にほんブログ村 犬ブログへ
★クリックしていろいろ見てみてね!
にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。