山と瓦礫と捜索犬
山の中、雪の中、瓦礫の中、鼻を使って人を探す犬がいます。 そんな「捜索犬」活動の一端と興味ある自然現象及びとっておきの写真などを紹介します。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
遺体捜索ワークショップ 2014 (1)
遺体捜索ワークショップ 2014 (1) 




 この約 2年半の間に、スニッファードッグカンパニーが主催する 災害救助犬遺体捜索ワークショップ


 初級(2012年6月)中級(2013年11月)と受けてきましたが、


 その最終段階である 第3回( 上級編3日間+遺体捜索認定試験1日間 )が 11月28日~12月1日に行われ 参加してきました。




 毎度のことですが、 開催場所の山中湖へは 三国峠から入りました。


 昨年は素晴らしい天気で、 パノラマ台まで登りましたが、今年はガス。

遺体捜索WS (1)

 下っていくと 雲の下に出て 視界が広がり、 山中湖が眼下に。




 そして、 ワフの中のレクチャールームで

遺体捜索WS (2)

 一年ぶりの再会!  アンディ&マーシャ 夫妻。



遺体捜索WS (3)


 内容の濃い講義と  実践につながる トレーニングの開始です。 






 外に出て


   
遺体捜索WS (4)
 

 ブロックを使って  遺体臭を嗅ぎとる 意識の 強化。







 ヒット 出番です。


遺体捜索WS (5)



遺体捜索WS (6)

 
 ヒット、 シグマ等で ときどき意識付けしているせいもあって


 

 見つけたい! 見つけたい!  どこだ! どこだ~!


 てな 感じで…




 焦る必要 ないんですが…。




 このとき使った 原臭は  死んだ組織 (胎盤、血液)とのことですが、 問題なく見い出しました。







 注) ★の写真撮影は 東京フライングドッグス によるものです。


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
が好きな人はこちらをクリッ~ク!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.