山と瓦礫と捜索犬
山の中、雪の中、瓦礫の中、鼻を使って人を探す犬がいます。 そんな「捜索犬」活動の一端と興味ある自然現象及びとっておきの写真などを紹介します。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
遺体捜索犬 認定試験 (4) END
遺体捜索犬 認定試験 (4) 




 ヒットの試験が終わって

 
 午後の部の試験を見学させていただきました。

遺体捜索WS (55)

 試験場所は、 道の左側の樹林や草の混在したエリアで、 試験前に審査員から捜索についての説明がなされます。


 今回、4つのエリアが設けられ、アンディとマーシャが別々のエリアで それぞれの受験者を審査しました。

 結果が不十分な場合、 時間を置いてから別のエリアで 別の審査員の試験をもう一度

 受けることができる(追試?)、という措置がとられていましたが


 ヒットは 大丈夫でした。


 赤い雨具をまとった方が、 いままで ★印の写真を撮ってくれていた 東京フライングドッグスのカメラマンです。

 



 全ての作業が終わり

 レクチャールームに戻り


 結果発表。







遺体捜索WS (56)

 合格証を頂きました!







遺体捜索WS (57)

 再び、記念! 撮影



 もちろん

遺体捜索WS (59)

 それぞれに!




遺体捜索WS (58)
 最後に、 試験での作業評価、 今後に向けてのアドバイスなど


 個々の犬とハンドラーに 面会講評が

 行われました。 




 3日間のワークショップと、まる1日の試験を無事終えて


 解散!


 皆さん お疲れ様でした!


 そして、 アンディ&マーシャさん、 スタッフの皆様


 ありがとうございました! 








遺体捜索ワークショップと認定試験 おわり


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
ワンコ好きで楽しめた方はここをクリックね!

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
バラが好きで楽しめた方はここをクリックね!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.