山と瓦礫と捜索犬
山の中、雪の中、瓦礫の中、鼻を使って人を探す犬がいます。 そんな「捜索犬」活動の一端と興味ある自然現象及びとっておきの写真などを紹介します。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
つるバラ誘引 前と後の薬剤散布
つるバラ誘引 前と後の薬剤散布  






 かの フランソワ・ジュランビル

Fジュランビルの剪定誘引(12)

 冬日の陰影で ますます 電気コード そのもの!



  さらに整枝 ( 束ね、まとめ )て、 石灰硫黄濃厚液 ( 7~8倍希釈 )を… 


  注意しながら… 撒きました。



Fジュランビルの剪定誘引(13)


Fジュランビルの剪定誘引(14)
 

 こんな感じで…。




 誘引は、 2月中頃までに、 じっくり やりたいと思ってます。





 見てのとおりの ヒョロヒョロなので、


 誘引そのものは しやすいですが




 何しろ…  延長コードのようなものが何本もあるので、 



 周辺事情を考えながら…  です。

 
 
 




 別途 屋根の上から…




 ジュランビルとはまるで 違う  頑強枝のアンクルウォルター


 

 パーゴラ部分の枝も、 なんとか  手なずけ…

アンクルのパーゴラ部(1)

 かなり、苦労して まとめました。




アンクルのパーゴラ部(2)

 こんな状態で


アンクルのパーゴラ部(3)

 なんとか かんとか



 石灰硫黄濃厚液…   掛けてやりました。



 あ~  しんど 






 ところで



 明日からまた 雪崩講習会(谷川岳土合~天神平)に ヒットと行ってきます。



 昨日の雪の影響もさることながら…

2014年冬、2015冬のみなかみ積雪
                                               14日までの アメダス「みなかみ」データからつくった積雪の様子。



 昨年(下図)に比べ、 今年の雪は かなり 多いです。



 ではまた、 帰ってから。
 








にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
ワンコと動物好きはココをクリックしましょう

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
バラが好きな人はこちらをクリッ~ク!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
石灰硫黄という薬をまくといいのでしょうか?
動物への影響はないのですか?
なるべく薬を使いたくないのですが数少ないバラの木もアブラムシの被害でまともに葉が育たなかったです
2015/01/17(土) 09:56:36 | URL | ゆずママ #y672qKEM[ 編集]
石灰硫黄ですが…
ゆずママさんこんにちは。
石灰硫黄はアルカリ性の強い薬ですが、撒くときだけ(最近は飛沫をなくすためにハケで塗布することも
多くなりました)注意すれば問題ありません。もし、塗布したあとを舐めても… 敬遠する味だと思います。
ただ、この薬は、カイガラムシ退治や黒点病予防にとても効果があるので使っているのですが、
春夏のアブラムシに対しては、通常の殺虫用乳剤希釈液散布か、地面に漉き込んで根から吸収させる
オルトラン粒剤を使います。オルトランをうまく使うとアブラムシ被害はほとんど出ないように
感じてます。
なお、今の薬剤は、直接吸入したり飲み込んだりしない限り、毒性は低いので、散布したところに
しばらく接触できないようにしておけば大丈夫だと思います。薬効成分はいずれ生分解されて
なくなってしまします。
2015/01/20(火) 10:48:54 | URL | 捜索犬の主人 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.