山と瓦礫と捜索犬
山の中、雪の中、瓦礫の中、鼻を使って人を探す犬がいます。 そんな「捜索犬」活動の一端と興味ある自然現象及びとっておきの写真などを紹介します。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
雲が 交差している?
雲が 交差している?



 こう毎日雨が続くと・・・ 


 気が滅入りますが




 先日、夕焼けと一緒にヒットを撮った翌日は


 予想外に  というより 「予報外」に! 晴れ渡り、 いい天気。


湧き上がる積雲

 発達する積雲列が東の空に。



 東側なので、 あまり心配はしませんでしたが、 この列からほとんど移動することなく 成長と衰退を繰り返していて



 積乱雲にまではなりませんでした。



 その後、西の空から広がってきた  筋立った高層雲


 ちょっと 変わった方向性

交差する雲(1)

 西の方向    上空の雲と 下の雲の方向性が 違います。


交差する雲(2)

 南の方向も


交差する雲(3)
 
 南東に続く方向も


 
 
 このような 細長い雲を見ると、 普通、 長い方向に移動しているように感じてしまいますが


 雲のある(浮いている)場所の風の流れは

雲の様子と大気の流れ(風向)(1)

雲の様子と大気の流れ(風向)(2)

 見た目とは 90°近く 違っています。


波打つ大気と雲(イメージ)
 全体の風の流れの中で、 緩やかな上下の波が生まれて


 上昇気流の部分に 雲が生まれ、 下降気流のところで雲が消え、 再び上昇したところで雲が・・・



 といったしくみで出来ていて、 雲そのものの位置は 風の流れよりずっとゆっくり変化しているようです。




 ところで


 雲の様子から、 下の雲の高さの風向きと 上の雲の風向きは あきらかに違っていそうですが


 この日の 地上付近と 上空(5500m付近)の天気図(6月28日09時)を調べてみました。


6月28日09時の上空と地上付近様子


 やはり、 風の方向は だいぶ違っている様子がわかります。



 上空の雲は、 西~西北西の風により


 下層の雲は、 北~北北西の風により


 
 影響を受けながら 生まれ、移動していた様子がわかりました。









にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
ワンコと動物好きはココをクリックしましょう

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
バラが好きな人はこちらをクリックしてくださ~い


いいね~! のときは ↑ クリック!

してくださいね。 拍手も ね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.