山と瓦礫と捜索犬
山の中、雪の中、瓦礫の中、鼻を使って人を探す犬がいます。 そんな「捜索犬」活動の一端と興味ある自然現象及びとっておきの写真などを紹介します。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
トレーリング セミナー (1) 
トレーリング セミナー (1) 






 10日から12日の連休に


 山中湖畔で行われた トレーリングセミナーにヒットと参加してきました。




 昨年まで行われた 遺体臭捜索ワークショップの講師


 アンディ・レブマン氏とマーシャ・コーニン女史によるものですが


 今回は、新しく二人の講師も加わってのセミナーです。


Basic トレーリングセミナー(2)
 左から、 アンディ、 マーシャ、 キャッシー、 フェザー…


 ということですが…   




 実物とは  だいぶん…。






 開始の初日の10日

Basic トレーリングセミナー(1)

 朝から厚めの高層雲に覆われた曇り空。



 富士山に まだ雪はありませんでした。







トレーリングとは? 



 犬の鼻 (嗅覚)を使った 追及作業は、 警察犬が行う いわゆる 「足跡追及」と呼ばれるものがありますが



 これは  トラッキングとよばれるものです。



 基本的に、 鼻を地面近くに近づけながら、 去って行った人の足跡として残された臭いを



 忠実に辿り続ける作業で、 特定の人の残した物品やその人を見つけ出す方法です。





 これとは別に、 去って行った人の足跡臭(踏み跡臭)だけでなく、 その人から こぼれ落ち、降り注ぎ、


 歩いた周辺に残された臭い( そのヒト個人の ) というものがあります。


 
 トレーリングは、 足跡を含む周辺に付いた個人分泌臭や  落屑したヒトの角質層のバクテリア分解臭などを拾いながら


 その 臭跡 を 追っていくものです。




 特定の 個人臭を 記憶識別しながら  捜索する 点では



 足跡追及(トラッキング)も臭跡追及(トラーリング)も同じです。





Basic トレーリングセミナー(3)

 上は、 2日目の晴れた午後の様子ですが、



 キャンプ場の真ん中を使うことも、 周辺の林間を使うことも ありました。



Basic トレーリングセミナー(4)

 トレーリングに必要で 欠かせないものが 5m前後のリード。



 そのリードさばきが とても大切で、 使い方の説明に…  ワンコ役!





Basic トレーリングセミナー(5)

 初期の段階は、 エアセンティングの導入と同じく 「 探そうとする意識 」の動機づけですが



 リードとそれを持つハンドラーが 犬と一緒です。 





Basic トレーリングセミナー(6)

 犬の動きに合わせての リードコントロール (必要に応じた 行動を阻害しない適度なテンション )が



 とても重要です。








 ヒットも もちろん やりましたが



 早い動きに合わせるのが大変!


Basic トレーリングセミナー(7)
 
 人を見つけ出せば 満足させてもらえるのは



 
 いままでと 同じです。






 詳しくは、 また後日に。













にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
ワンコと動物好きはココをクリックしましょう

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
バラが好きな人はこちらをクリックしてくださ~い


いいね~! のときは ↑ クリック!

してくださいね。 拍手も ね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あ~これなら参加できそうでしたね
出動の時はゆずの後を小走りで走りますよ~
警官がついてこれない事もしばしば
犬より人の体力が必要ですね
セミナーの内容楽しみにしています

明日からお山行ってきます!!
2015/10/14(水) 07:49:36 | URL | ゆずママ #y672qKEM[ 編集]
トレーリング
そうなんですよ~。
追及意識のできている犬にとっては多分すぐに要領を得てできるようになると思います。
ただ! トレーリングを覚えてしまうと、追及競技や試験はできなる恐れが多分にあります。
足跡から風で移動した臭跡が線から外れていることが多いので
線に忠実に沿うことができなくなるし、また鼻を地面よりも身体の高さで使うことが
多くなります。
ので、よほど切り替えのできる犬でないと追及作業の形がとれなくなりそうです。
ただ、欧米ではかなり当たり前にトレーリングが行われているようで、
実際の行方不明者(普通は特定されているわけで)捜索にはとても効果が高いようです。
2015/10/14(水) 20:09:40 | URL | 捜索犬の主人 #-[ 編集]
バラしてしまうとゆずは試験の1週間ほど前に臭線にソーセージを置きまくって練習しています(爆)
実際の捜索では地面の匂いを嗅ぐことはあまりありません
空間での匂いを嗅いでるようで口がぷくっとなるんです
捜索には10メートルのロングリードを使いこなし犬の行く気をそがないようにしています
2015/10/14(水) 20:21:13 | URL | ゆずママ #y672qKEM[ 編集]
トレーリング
それはすごい!
識別臭だけを追っていけるのは、よほど「結果に満足」できる喜びがあるんですね。
> 実際の捜索では地面の匂いを嗅ぐことはあまりありません
> 空間での匂いを嗅いでるようで口がぷくっとなるんです
セミナーではいろいろなことを学び認識を新たにすることが多いのですが
犬にとっては、実際に目的の人や物品を探すのに、トラッキングもトレーリングも
エアセンティングも区別しているわけではない…と
「そりゃそうだ」と思いました。
形を意識して、トレーニングして、その形と結果を求めているのは人間の方だけ
なんですよね。
2015/10/14(水) 22:15:07 | URL | 捜索犬の主人 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.