山と瓦礫と捜索犬
山の中、雪の中、瓦礫の中、鼻を使って人を探す犬がいます。 そんな「捜索犬」活動の一端と興味ある自然現象及びとっておきの写真などを紹介します。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
谷川岳雪中訓練(2)
谷川岳雪中訓練 (2) 







移動性高気圧下なのに… 悪天! 






 3月12日朝9時の地上天気図は


3月12日09時の天気図

 この天気図だけを見れば、 日本全体が 移動性高気圧に覆われ



 「よい天気に なる!」ハズ…  と 読めて 当然で



 関東南部の人間にとっては、 高気圧中心がやや北にあるので



 南部よりも北に行けば行くほど 良い天気… と思うのが普通です。





 ところが!



 関越道を北に向かえど…


谷川岳雪中訓練 (5)


 月夜野先で、 雪が舞い 




 一時 雪景色になりました。







 地上天気図だけで見ていたら、 冬型でもないのに雪が舞う… ということが不思議でならない  状況です。





 この雪雲は いったい どこからやってくるのだろう?   






 なにしろ、 日本海からの雪雲ナシ、 低気圧性の雪雲も ナシ  ほんと 不思議な悪天です。






 結果的には 上空寒気による 大気不安定由来の悪天なのですが…




 上空の様子がわからなければ 「なんで~!」 で 終わってしまいます。






 その上空の様子ですが




 前記した 12日09時と同じときの 気圧 850hPa(約 1,500m上空)の気圧配置と気温の様子が下記の 高層天気図です。

3月12日の上空気圧配置と寒気 850hP

 冬期 降ると雪になる目安の  上空 約 1,500m付近の 気温「-6℃」 が



 新潟付近に。  




 谷川岳周辺でも、 -4~-5℃くらいに なっていると思われます。






 さらに上空、 約3,000m付近の様子は


3月12日の上空気圧配置と寒気 700hP

 -12℃近く。



 真冬なら、 そうたいした低温ではありませんが…   3月の今頃においては かなりの寒気。







 さらに もっと上空  約5,500m付近の気圧配置と気温の様子を示す 500hPaの高層天気図では


3月12日の上空気圧配置と寒気 500hP

 -24℃の寒気…   やはり この時期としてはかなり低温です。







 地上天気図では  移動性高気圧に覆われていますが



 上空気圧配置でみる限り、 日本全体が 大きな気圧の谷の中に置かれています。






 たとえ 高気圧に覆われていても



 大気不安定( 上空に寒気が )のときは



 天気が悪い…



 期待、 希望的観測とは  裏腹に…




 悪天をもたらす 移動性高気圧も あるんだ、 



 という 典型例に 遭遇することになりました。







にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
きな人はこちらをクリックしてくださ~い

いいね~! のときは ↑ クリック!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.