山と瓦礫と捜索犬
山の中、雪の中、瓦礫の中、鼻を使って人を探す犬がいます。 そんな「捜索犬」活動の一端と興味ある自然現象及びとっておきの写真などを紹介します。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
朝日村の破損樹木と 1月末の雨氷
朝日村の破損樹木と 1月末の雨氷 





 今日から 7月ですが…


 冷たい 冬の雨の 話からです。





 朝日村の鎖川源流(野俣沢、中俣沢、樫俣沢合流点)に入ると

長野山岳講習会(1)

 左奥の小屋が講習会場所ですが





 正面の山の樹が、 なんか  
 
 
長野山岳講習会(2)

 樹木が途中から剥ぎ取られているような…




 もしや  一昨年2月の大雪による雪害かと思って  長野の関係者に聞いてみると




 今年初め頃にあった 雨氷によるものだとのこと。


長野山岳講習会(3)

 こんな屈折した樹もありましたが、  大きな被害を受けた樹は 途中から上が無くなって  無残な姿。




 このときの ニュース記事に あるように、 樹にたくさんの氷が付着して ずっしり重たくなって… 




 大きな被害につながったようです。






 そこで、 このときの気象状況を調べてみました。
 
雨氷があったときの気圧配置

 今年1月29日の9時から、29日未明(3時)にかけての地上天気図 (気象庁発表速報天気図より)。



 いわゆる南岸低気圧と呼ばれるものです。




 このときの 気象庁 日々の天気図 の解説 : 


 1月29日 南岸低気圧 前線を伴う低気圧が西~東日本南岸を進み沖縄~東北南部に雨雲広がり和歌山県栗栖川119mmなど

       各地で日降水量が1月の1位。沖縄では5地点で最高気温高く、1月の1位。

 1月30日 関東北部中心に積雪 南岸を低気圧が通過し太平洋側中心に雨雲広がる。西~東日本の気温は平年より高く雨の所

       多いが、関東では気温上がらず北部中心に宇都宮・前橋・水戸などで積雪。






 
 このときの 現地近くの気象状況を知りたいと、 アメダスデータを探したところ、


奈川と朝日村の位置

 すぐ近くとは言えないけれど、  比較的近い 奈川( 標高1068m、松本の西、梓川沿い)というところにありました。 (国土地理院地図より)




 標高の違いは 100mほど (気温差 0.6℃程度 )で、  朝日村の被害地と かなり近い状況として  イメージできそうです。





 そこで、 当日の 気温と 降水量を調べてグラフにしてみました。

奈川の気温と降水量(3)

 雨氷のあった日、1月29日の雨量が 突出しています。   




 アメダスの 24時間データで、29~30日の気温と雨量を詳しく見ると
 

奈川の気温と降水量(4)

 気温 0℃近くの氷点下、 29日未明から翌日30日未明まで、 連続で 降っています。



 普通は 雪が降ってもおかしくないのですが、



 上空が 比較的暖かく、 朝日村~松本周辺にかけては 冷たい雨になっていたのだと思います。




 その証拠に

1月29日9時と21時の700hP天気図

 29日9時と 21時の 700hP (上空約3000m )の高層天気図を見ると



 現地付近の上空 約3000mの気温が、 -4℃くらいで、29日一日中あまり変わらず。




 この時期の 3000m上空 ( 北アルプスの稜線付近の高さ) としては、 とても暖かいといえる気温です。




 多分、 みぞれに近い  過冷却雨滴として 地上に降り 注いでいた…  




 と 思われる状態でした。





 それにしても、 降り注ぐ雨が、 どんどん凍りついていく模様 
 



 見てみたいもの… です。



  




訪問してくれた方
★こちらを クリック! お願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.