山と瓦礫と捜索犬
山の中、雪の中、瓦礫の中、鼻を使って人を探す犬がいます。 そんな「捜索犬」活動の一端と興味ある自然現象及びとっておきの写真などを紹介します。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
深山幽谷 訓練いろいろ 楽しさいろいろキャンプ IX
深山幽谷 訓練いろいろ 楽しさいろいろキャンプ IX







林道沿いのトレーリング捜索 (2)  



 ヘルパーが カモフラージュして潜んでいる一角に 辿りつく手前から


 エアセンティングモードになったヒット。



トレーリング(8)

 このすぐ近くに潜んでいるのですが、 鼻を使った作業中の犬は 視覚をほとんど使わず


 ひたすら 臭いの動き、流れを 求めて 探していることがよくわかります。


 
 私の視野には ヘルパーの存在が見えていますが


 ヒットの動きを制御せずに 任せることにしました。 


トレーリング(9)

 沢の水の流れと、 出合の形状で ヘルパーの臭いが


 右上の方から落ちてきているようです。  でも ヘルパーはこの上にいるわけではありません。




トレーリング(10)

トレーリング(11)

 臭いが落ちてきているように感じているので


 ある程度 上にいかないと 納得できない みたい。



 でも、 上に行けば 臭いは不明確になって

トレーリング(12)

 下に降りて…



 すると


 出合の反対側 (ごく近いのですが)から 明確な臭いがとれて

トレーリング(13)

 ここだ~!   ってな感じで




トレーリング(14)


 発見~! 




 ヘルパーの臭いは、 周辺温度よりも高めなで


 少し上に対流上昇した後、 冷えて 対流下降



 沢の流れの影響も加味して


 ヒットが気にした 先ほどの位置に下降していた



 と考えました。






訪問してくれた方
★こちらを クリック! お願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.