山と瓦礫と捜索犬
山の中、雪の中、瓦礫の中、鼻を使って人を探す犬がいます。 そんな「捜索犬」活動の一端と興味ある自然現象及びとっておきの写真などを紹介します。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
全国雪崩事故防止のための講習会(4) 
全国雪崩事故防止のための講習会 (4) 




 
日の出の太陽に 暈! 



 強い寒気に覆われて 11日は一日中吹雪く悪天でしたが


 その後 寒気が一時的に緩まったようで、夜には 雲が切れて晴れてきました。



 そして 12日の朝は 待望の太陽が顔を出してくれました。



 すると 

2月12日の日の出暈(2)
 なんと 虹色に輝く 暈(カサ)が!



 南アルプスとこちら(中央アルプス)の間に 靄のような 雲が漂っていて、 そのお蔭のようです。


 暈は、下り坂の晴天のときに 巻雲ごしに見る太陽によく現れますが、このような低い高度で見られるのは珍しく


 幸運でした。


2月12日の日の出暈(3)


2月12日の日の出暈(4)
 虹模様になっているのが とても綺麗。


 本来、大気中の 氷晶(微細な氷の結晶でできた 雲の粒)に 太陽の光が 屈折、反射等してできる現象です。


 ということは、 漂っている モヤのような雲が 氷晶状態であることを 裏付けています。



 このとき、 2600m付近でも -15℃以下だったので 氷晶雲が漂っていたか、


 強い風に吹き飛ばされた中央アルプスの雪起源の微細粒子が 漂っていた…  といった推察ができます。





 それはさておき

2月12日の日の出暈(1)
 

2月12日の日の出暈(5)


 こんな珍しく 美しい現象を目にできて



 後光のような 写真も撮れて



 よかったね~! 




訪問してくれた方
★こちらを クリック! お願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.