山と瓦礫と捜索犬
山の中、雪の中、瓦礫の中、鼻を使って人を探す犬がいます。 そんな「捜索犬」活動の一端と興味ある自然現象及びとっておきの写真などを紹介します。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
那須の雪崩事故
那須の雪崩事故 




 25日~26日、谷川岳で雪崩遭難、雪山遭難者の捜索犬訓練を行ってきました。

 25日は、晴天に恵まれましたが、 昨日は午前中から雪が舞う天気になりました。


 午後には山を離れ東京に向かいましたが、山では徐々に降雪が強まっていったようです。

 那須連山周辺での新雪もかなりの積雪となり

 今日の痛ましい雪崩事故につながったことは確かです。



 多量の新雪、この時期の気温(雪温としては高くなっていて新雪間の結合が早い)、

 大勢で参加していた雪山登山講習(ラッセル訓練を行っていたという)のときの隊列の組み方と斜面雪面の関係、

 雪崩に巻き込まれた人数の多さ等を考えると、

 面発生新雪表層雪崩だったのだろうと推察されます。


 雪と雪崩に対する知識は? 意識は?  どうだったのか?

 雪山登山で、しかも安全登山を目指す講習。


 当然、雪崩トランシーバー(ビーコン)は全員つけていた…?

 付けていなければならないが…


 プローブ、シャベルは装備していたのだろうか?

 そして それ以前の問題として、積雪の安定性は チェックされていたのだろうか?


 地形判断は?



 雪崩は、条件(積雪状態、地形、負荷等のキッカケ)さえ揃えば、必然的に発生するものです。



 安全登山講習会という ものであったのに…



 悲しく、 残念でなりません。






訪問してくれた方
★こちらを クリック! お願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.